2021 - 2022年度 幹事挨拶

幹事就任挨拶

第37期幹事 青木 健一

幹事 青木 健一

水戸東ロータリークラブ第37期木内会長のもと、幹事を仰せつかりました青木です。
第25期(平成21年9月)に故小林隆夫会長の時に故河嶋正弘会員の紹介により、ガバナー公式訪問の時に入会してから12年目になり、一昨年度は会報委員会、昨年度はプログラム委員会委員長を経験させて頂き新型コロナウイルス感染症の中、突然の休会等でクラブの運営を少なからず勉強させて頂きました。このような経験を元に会長を補佐し、女房役として精一杯頑張って参ります。

今年度木内会長の思い、新型コロナウイルス感染症対策に考慮し、ロータリーにとっても最も重要な会員相互の親睦、また、ロータリーの価値観と地域社会への貢献、そして、ロータリークラブの認知の度のアップについて考え行動する機会をつくろうという思いをクラブに対して理事役員会の運営と会員相互の連絡を密にしてサポートして参りたいと思います。
地区の今年度最大のプロジェクト「2021茨城海岸美化プロジェクト」(9月12日)においてもより多くの会員や関係者の参加を募り環境問題について考えていきたいと思います。

幹事業務は会員皆様へのサポートが日々必要になると思います。獣医師としての職を全うしながらしながらクラブの運営もベストを尽くしたいと思っております。電話やメールの返信がすぐできない場合があるでしょうが可能な限り早急な対応を心掛け、ロータリーの
四つのテスト
言行はこれに照らしてから

  1. 1.真実かどうか
  2. 2.みんなに公平かどうか
  3. 3.好意と友情を深めるか
  4. 4.みんなのためになるかどうか

を常に頭の中で考え幹事の業務を遂行していきたいと思います。

会長・理事役員の皆様、会員の皆様と共にもう少し続くと思われるコロナ渦、委員会活動や親睦活動・クラブ運営が少しずつ活発になり例年のよう活動が出来るよう心掛けていきたいと思います。
この一年、皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

ページトップへ

bottom