2021 - 2022年度 会長挨拶

クラブ会長の方針と計画

第37期会長 木内 洋一

会長 菊池 敏この度、水戸東ロータリークラブ 2021-22年度(第37期)会長に就任させて頂きます。
会長としての重責に身の引き締まる思いでありますが、青木幹事と共に全うして参りたいと思います。1年間ご指導ご協力の程、宜しくお願い致します。
さて、当クラブは、第2820地区内、55クラブ中7番目の会員数を保持するクラブで、奉仕プロジェクトや寄付実績においても上位にあり、前、原会長年度には、創立35周年記念例会を開催し、歴史あるクラブとして認知されております。35年の歴史と実績、そして現在も尚11名のチャーターメンバーが在籍する誇り高きクラブであります。 
今年度は、“温故知新” 「故きを温ねて新しきを知る」を念頭に、先輩方が創り上げた伝統を守りつつ、前進ある新たなクラブづくりに一層の努力をして参ります。       
また、諸岡年度、原年度と、世界のロータリークラブが新型コロナウィルス感染症拡大により、クラブ週例会の大半を休会とせざるを得ない事態となりました。今年度は、例会の開催や奉仕プロジェクトの実施について、新たなスタイルを模索し対応することが必須となります。新型コロナウィルス感染症対策に考慮し、ロータリーにとって最も重要な会員相互の親睦、また、ロータリーの価値観と地域社会への貢献、そして、水戸東ロータリークラブの認知度のアップについて考え行動する機会をつくろうと思います。

さて、シェカール・メータRI会長は、今年度の RIテーマを SERVE TO CHANGE LIVES 「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」としました。
「奉仕は、誰かの人生だけではなく自分の人生も豊かにする」そして、「もっと行動し、もっと成長する」「もっと行動し」とは、より大きなインパクトをもたらす奉仕プロジェクトの実施。「もっと成長する」とは、会員を増やし、ロータリーの参加者基盤を広げることだと言っております。そして、新しい重点分野「環境保全」への取り組みを強調しております。

また、第2820地区 新井和雄ガバナーは、地区スローガンを
“Think Globally, Act Locally (直訳;グローバルに考え、ローカルに行動する)
“地球の未来を想い、地域社会に貢献しましょう“とし、地域社会の環境問題に取り組むようにと強調しており「2021茨城海岸美化プロジェクト」は、当地区が取り組む最大の奉仕プロジェクトとなっております。9月12日(火)をロータリー奉仕デーとし、第2820地区 55RCとロータリーファミリーが茨城の海岸190キロを清掃する環境保全プロジェクトを、新井ガバナーの壮大な計画により実施されます。マイクロプラスティックによる海洋汚染と食物連鎖により私たちの健康にも影響をもたらします。当クラブにおいても環境問題について考える良い機会となり多くの参加を募り、このプロジェクトに参加したいと考えております。
そして、今年度に於いては、困難を抱える子供たちへ社会的養護への支援を行いたいと考えております。特に児童養護施設は、父母が死亡や行方不明となっている児童、父母などから虐待されている児童、父母が育児を放棄している児童の養護を行い、あたり前の生活が出来るようにとサポートする施設で、退所後も自立の為の援助を行うことを目的としております。地区補助金活用事業として社会奉仕委員会で、事業の実施をお願いします。また、命に係わる様々な悩み相談等に対応されている「いのちの電話」の活動における現状の理解と支援の継続もお願い致します。

クラブ年度目標
・戦略計画と危機管理対策の検討
・会員相互の親睦と情報交換
・通常例会への復帰及び新しい例会への取り組み
・柔軟な家庭集会の開催
・会員増強 純増2名 目標70名(うち1名の女性会員の促進) 
・茨城大学ローターアクトクラブの会員増強
・奉仕活動への積極的な参加と広報活動
・今年度クラブ目標とする社会奉仕活動の実施
*児童養護施設の子供たちへの支援
*いのちの電話への支援継続
*水戸地区救急普及協会への支援継続
*いはらき思春期保険協会への支援
*動物愛護団体への支援
・継続事業の再開と開催方法
*職場訪問
*水戸市小学校交通安全教室
*茨城大学留学生との心の交流会
*水戸市内中学生春季ソフトテニス大会
・環境問題に取り組む奉仕活動の実施
ロータリー奉仕デー 9月12日(日)
2021茨城海岸美化プロジェクト;茨城の海岸清掃にクラブを挙げ参加
・My Rotaryの登録と活用 会員登録80%以上を目標
・ニコニコボックス、ロータリー財団、米山記念奨学会への寄付推進
ニコニコボックス;1人25,000円以上30,000円を目標
ロータリー財団 ;年次寄付1人130ドル、ポリオ20ドル、ベネファクター 1名
米山記念奨学会 ;1人25,000円以上=普通寄付5,000円+特別寄付20,000円
(寄付0会員を無くそう!)     

ページトップへ

bottom