2020 - 2021年度 会長挨拶

クラブ会長の方針と計画

第36期会長 原 毅

会長 菊池 敏 2020~2021年度水戸東ロータリークラブの会長を仰せつかりました原毅です。どうぞよろしくお願い致します。先ず 前年度の諸岡直前会長、中村直前幹事に於かれましては新型コロナウイルスの感染拡大の影響で 後半は殆ど活動が出来ずロータリーの運営に対して大変なご苦労をしたと思います。誠にご苦労様でした。

さて 今年度でございますが新型コロナウイルス感染拡大防止の為に出されていた緊急事態宣言が解除され 新しい生活様式の中での新年度のスタートです。そして今年は創立35周年を迎える年でございますが様々な角度から考慮しクラブの運営をしていきたいと考えております。皆様のご協力を賜りますよう宜しくお願いします。

2020~2021年のRI会長のホルガークナーク氏の今年度のテーマは「ロータリーは機会を開く」です。ロータリーとはクラブに入会するというだけでなく無限の機会への招待です。ポリオ根絶のようなプロジェクトから地域社会でのささやかなプロジェクトなど奉仕する機会への扉を開いてくれると述べています。

そして2820地区の池田正純ガバナーは「ロータリアンのイノベーション・磨こう人間力」をスローガンに掲げました。世の中の素早い変化に対応できるロータリーに変わらなければならない。課題に立ち向かい若い人に扉を開きましょうと述べています。地区の目標は
環境問題強化・ロータリーの組織的変革です。

    • ①環境問題
    • ②ロータリーの組織的変革
    • ③人道的奉仕の重点化と増加
    • ④公共イメージと認知度の向上
    • ⑤青少年への支援と学友連携の強化
    • ⑥ロータリー財団と米山奨学会への支援

    さて、今年度の水戸東ロータリークラブのテーマですが…その前に 令和元年暮れから発生した新型コロナウイルス感染症により社会がまだ不安定な状態にあります。緊急事態宣言は解除されたものの新規感染者が毎日出ていく状況にあり いつ感染の第二波が起こるかわからない状況でロータリー活動を行うことは大変悩ましい毎日であります。このような状況に於いてロータリークラブが 今出来ること を考え少しずつでも実行していこうと考えております。

    まずは 例会は月2回で行ってまいります。感染が更に下火になり安全が確認されれば 例会を毎週開催に戻そうと思います、しかし 感染が悪化すれば安全を優先させなければならないと考えております。また 今年はクラブ創立35周年の年でもありこの点に関しても状況を見ながら対応していきたいと思います。
    私のやりたい事。
     心の交流会は茨大の茨苑会館で 昔の日本の文化に触れる
     水戸にあるプロスポーツチームとの交流や観戦
     ローターアクトへの支援の強化
     逆川緑地へ差からの植樹 創立35周年
     ソフトテニス 交通安全教室
    各委員会活動へのお願い
    ・会員組織・・純増1名 女子会員 40歳以下 ローターアクト YEG
    ・出席・・90%以上 メイクアップ 他クラブ ローターアクト
    ・親睦・・何といっても一番大事 親睦なくして奉仕なし
         ゴルフ 4回 (水曜日2回 日曜日2回)
         茨城ロボッツ観戦その後宴会
         水戸ホーリーホック観戦その後宴会
         茨城アストロプラネッツ観戦後宴会
    ・会場・・品格のある例会 私語のない 発表者は前の席で待つ
    「新しい生活様式に於ける例会の在り方」と言うことで
      例会の手順 机のレイアウト 食事の取り方
    ・プログラム・・2回/月 今までの半分の回数で今までと同じ内容をやるのは無理
            大変
    ・にこにこ・・例会 減 四大奉仕も減  昨年度を下回らない
                        135万+25万オークション
    ・職業奉仕・・職場訪問・・新ごみ処理場
           交通安全教室
    ・社会奉仕・・こども病院図書寄付
           たぶんコロナ拠出が…
    ・国際奉仕・・交流会 茨苑会館で 日本の文化に触れる アクトと
    ・青少年・・・交流会 テニス 
    ・ローターアクト・・会員増強
    ・ロータリー財団・・ゼロだった会員100$/年

    ・米山・・ゼロだった会員¥3000から/年

ページトップへ

bottom