2015 - 2016年度 会長挨拶

幹事就任挨拶

第31期幹事 佐川 真治

幹事 五十嵐久也第31期上甲会長就任にあたり、幹事を仰せつかりました佐川でございます。
2007年に水戸東ロータリークラブに入会し、今年でまだ8年目の若輩者が、幹事という大役を仰せつかり戸惑っているのが現状でございます。


2007-08年の入会時の会場委員会委員から始まりまして
2008-09年、会場委員会副委員長
2009-10年、親睦活動委員会副委員長
2010-11年、国際奉仕委員会委員長(会場委員会副委員長)
2011-12年、会場委員会委員長(出席委員会副委員長)
2012-13年、会報委員会委員長(プログラム委員会副委員長、青少年奉仕委員会副委員長)
2014-15年、プログラム委員会委員長(副幹事)と様々な経験をさせて頂きました。
前任者の桑名会員には前年度より色々と引継ぎをして頂き、また事有る毎にご指導を頂いておりますが、実際に今日この日を迎えますと非常に身の引き締まる思いです。
水戸東ロータリークラブには幹事を引き受けますと、会報委員会委員長、プログラム委員会委員長を経験した後に、幹事になる流れがございます。これは会報製作に携わる事によりクラブの1年の動きが判り、例会プログラム作成に関わると、例会の流れよりクラブ運営が見える為だと教えて頂きました。
この2年間、会報製作、プログラム作成を経験させて頂き、その間、I.M.のホストクラブとしての実行委員会にも携わさせて頂きました。お陰様を持ちまして、少ないロータリー経験の中でも濃い時間を過ごす事が出来たと思っておりました。
しかしながら本日この日を迎えるにあたりましてその様な経験はまだまだ序の口であり、これから訪れるであると思われる様々な事柄に対し、無力であることを再認識している自分であります。
これからの1年間は会員の皆様におすがりし、またご指導を仰ぎ、ご協力を頂戴しなくてはやり通せないと思います。何卒、若輩者の私に対しご指導ご鞭撻の程、よろしく申しあげます。
更に今年度は水戸東ロータリークラブ創立30周年の節目を迎える年でもあります。
既に前年度より永井パストガバナーには水戸東ロータリークラブ創立30周年記念事業実行委員会の委員長をお引き受け下さりまして、実行委員会の皆様には式典当日に向け着々と活動をして頂いている処でございます。
栄えあるこの節目の年に上甲会長を水戸東ロータリークラブの神輿とし、その花棒を担ぐ名誉に感激すると共に、責任の重大さに身震いする思いです。
本日、上甲神輿の神幸祭が始まりました。神輿は一人で担ぐことはできません。水戸東ロータリークラブ会員の皆々様お一人お一人に「わっしょい、わっしょい」担いでいただきまして、来年6月末の還幸祭に無事に神輿を降ろすまで是非ともお力を御貸し頂けますようお願い申し上げ、幹事としての所信表明といたします。

今年1年間、よろしくお願い申し上げます。

 

ページトップへ

bottom