10月第2例会

会長の時間 

永井P会長 挨拶

本日は宮内会長に替わり、パスト会長として挨拶をさせて頂きます。

私が水戸東RC第13期会長を務めた1997-98年の時代背景は、RIが第89代会長がグレン・W・キンロスでテーマが「ロータリーの心を」(Shou Rotary Cares)でした。
2820地区では第6代ガバナーの西村 俊彦さんで、公式訪問時のメッセージが「ロータリーを学ぼう」(「ロータリーの心を」のテーマを理解する)でした。
当時の私の感想として、こう記されております。

「水戸東RCは創立以来12年の間に着実に成長し、クラブ基盤も少しづつ強化されてきました。更に活力あるクラブ、伝統あるクラブ作り、クラブの歴史を作りながら、奉仕の理想の実現に向かって動き始めたような気がします。

当時クラブ会員数は59名、平均年齢55歳、最年長者 手島 慶 会員 73歳(故人)、最年少者 原 毅 会員 39歳、全体の76%が40~50代で占められ、明るく、活発で融和なクラブでありました。

遡ること平成2年に提案した例会場変更に関する答申書を以て理事会におかれ理事会で承認され、今日の三の丸ホテルに例会場が移り、それ以後、充実したクラブ例会が開催され続け、例会出席率も平均95.31%に達しておりました。

我々はロータリーについて試行錯誤しながらロータリーの勉強会を開きましたが、その主な手段は、頻繁に開催された夜の炉辺会合でありました。二日酔いが毎日続く中で、少しづつロータリーが見えてきたような気がし「水戸東クラブに何が役立つ事が出来れば」という思いでいっぱいでした。何れにしましても紆余曲折はありましたが、何とかチャーターメンバーの結束と努力で、最初の5年間でクラブの形を作り、そして今日までクラブ例会が持続可能になりました事、同志、諸兄のご理解とご協力の賜物と感謝している処であります。」
以上、私の会長時代の所感であります。今後も会員各位には先達の努力、結束の教えを引き継ぎ、更なる発展を望み、本日の挨拶といたします。

例会風景

石井直前会長 点鐘
島根 昌明 様
ポール・ハリス・ソサエティ      打越 芳男 会員
各ご質問に丁寧にお答えになる  島根 昌明 総括委員長
地子米山記念奨学会 学友会   委員長 菊池 敏 様
質問者 中島 昭義 会員
質問者 明城 博之 会員
質問者 槐 登志夫 会員
クラブ米山奨学委員会 委員長   佐藤 駿吾 会員

 

幹事報告 

幹事  桑名 勉

清藤 豊 氏の新会員公表 ご異議のあります場合は7日以内に文書をもって理由を記載し幹事までお申し出願います

水戸さくらRC:11月17日合同例会講演演題決定通知「我が選んだ道に悔いはなし」

例会開催場所・時間変更のお知らせ
笠間ロータリークラブ
10月16日18:30~ 於 いたみ旅館

先週公表いたしました次年度理事・役員指名委員会の委員名に「小林正和」会員のお名前漏れがありました。訂正と共にお詫び申し上げます。

                                                                                                                                    

 

卓話 米山奨学記念会について

アドバイザー

地区米山奨学記念会総括委員長 島根 昌明 様

地区米山奨学記念会学友会委員長  菊池 敏 様

クラブ米山奨学委員会委員長 佐藤 駿吾 会員

 

島根 昌明 総括委員長
先ず皆様が疑問に持たれている米山奨学生の選考基準についてご説明します。
応募者の中から書類審査を行い面接において全国のロータリアンの善意の結果である米山奨学金を受けるに値する資格を持つかを基準に厳選しています。
本日は皆様からの質問への回答を通じご理解頂けますよう努めますので、宜しくお願い致します。

菊池 敏 学友会委員長
次年度より地区米山記念奨学会総括委員長に拝命される事になりました。
本日のディスカッションを機にさらに勉強し臨みたいと思います。宜しくお願い致します。

質問 美野輪 博一 会員
奨学生の国別一覧にシンガポールが無いが何故でしょうか。

返答 島根 昌明 総括委員長
たまたま応募が無かっただけです。

質問 中島 昭義 会員
米山学友会がどういった活動をしているのか、また結果を報告して欲しい。

返答 島根 昌明 総括委員長
奨学生がクラブまたカウンセラーとどう関わったかが大事です。クラブ側も積極的にフォローして欲しい。

質問 中島 昭義 会員
奨学生選考基準を中国・韓国学生の学業優先からアジアの貧しい国から優先するなど時代を反映した選考に変えてみてはどうでしょうか。

返答 島根 昌明 総括委員長
大学にも留学生が中国人しか居ないのが現状です。単年の結果でなく20~30年の長いスパンで見守って欲しい。将来的に母国との架け橋になる事を期待したい。

質問 明城 博之 会員
1人の奨学生を奨学するのに年間どのくらい資金が必要ですか。

返答 島根 昌明 総括委員長
留学生で月10万円×12ヶ月、120万円。
修士博士号で月14万円×12ヶ月、168万円。
交通費が4万クラブに入ります。
2820地区に於いては4080万円で26人を支援しています。

質問 明城 博之 会員
奨学生は日本人には将来的にも門戸は開かれないのでしょうか。

返答 島根 昌明 総括委員長
外国から日本に来た場合のみが対象で、将来的にも日本人は対象外です。

質問 槐 登志夫 会員
時代の変遷と伴に米山制度の目的も変わっても良いのではないのでしょうか。特別寄付の2万以上は高いと考えます。例えば3千円以上にすればもっと集まるのではないのでしょうか。

返答 島根 昌明 総括委員長
水戸東RCに於いては個人寄付が101%(前年比)平均23,947円でございます。ありがとうございます。
2万円が適正か否かですが下げる事は可能ですが下げると奨学生の数が減ります。
奨学生割り当てが本年度26名から来年度は29名となります。
年々減少傾向でしたが2009年以来の高い数値です。どうかご理解ご協力お願い致します。

質問 佐藤 駿吾 米山奨学委員会委員長
奨学金はガバナー要請で集めているのか、それとも地区委員が中心になっているのでしょうか。

返答 島根 昌明 総括委員長
ガバナー指示により地区委員が動いています。ガバナーの年間行事に則り、米山奨学生を迎え入れています。
日本の平和を築いていく事業だという事を理解して頂きたい。

 

 

 

 

ページトップへ

bottom