7月第2例会

会長の時間 

会長  宮内 博夫

みなさんこんにちは。
今週より週報が刷新されました。毎週、週報として発刊し主な目的として   

1.出席への関心を刺激して出席率を高める。
2.例会報告をする。
3.親睦をはかる。
4.会員のロータリー情報に寄与する。
5.次の例会プログラムを掲載する。
6.クラブの資料保存として保存する。
7.RIの情報などを掲載する。

  等がございます。
次に、今年度新しく会員増強のために「ロータリーへのお誘い」を作成しました。
皆様のメールボックスに入れておきましたので、有効活用して、会員皆様には、 1名以上の推薦をお願いいたします。

 

パスト会長の時間 第1回

第6期会長 高橋 稔

今年度は、会長の時間の約半分の回数をパスト会長に時間を頂く事になりました。

現在の、在籍パスト会長は全員で21名であります。 
最初に、第6期会長を務めさせて頂きました私より、最後の21番目の石井パスト会長までとなります。宜しくお願い致します。

会長の時間を代行させて頂きますから、時間の都合もあり私は挨拶程度と考えております。

今期当クラブも、丁度節目の第30期を迎えました。私事で誠に恐縮でありますが、このクラブに30年間お世話になり、ここまで来た事、感無量であります。良き先輩、良き友、そして良き後輩と、そして健康にも恵まれ、只々感謝、感謝で一杯です。有難うございました。

ロータリーの話にします。30年前の事です。

水戸ロータリークラブのチャーターメンバーで今は亡き、岡崎藤麿パストガバナー、皆さんご存知の、当クラブにとって大先輩のロータリーの大御所であります。大御所曰く“ロータリーは黙って10年いろよ”でした。
「必ず、ロータリーが見えてくるから」と。

これは岡崎パストガバナーが入会当時、自分の不平不満を、自分の先輩である、東京ロータリークラブの、佐久間パストガバナーに申し上げた処、この言葉がありましたそうです。

「そして10年後、それもおぼろげながら、ロータリーが分かってきたよ」と言って頂きました。今、当時、興味深く拝聴した事を思いだしました。

以上ご清聴ありがとうございました。

 

例会風景

 

第30回 米山功労クラブ
2013-14年度例会100%出席者お祝い
米山功労クラブ表彰
米山奨学金授与

 

幹事報告 

幹事  桑名 勉

・小池 貞氏の新会員公表 ご異議あります場合は7日以内に文章をもって理由を記載し幹事までお申し出願います。

・例会開催場所変更の案内             
笠間ロータリークラブ
日時                     7月16日(水)18:00~                                                                      
場所                     栃木県塩谷町大久保 ロペ倶楽部                                                           
・ロータリー財団研究会開催の案内
日時                  7月13日(土)
場所                  ダイヤモンドホール
・青少年奉仕研究会開催の案内
日時                  7月21日(月)                                                                                     
場所                  多賀市民プラザ                                                                                       
・社会奉仕研究会開催の案内
日時                  7月26日(土)                                                                                     
場所                  三の丸ホテル                                                                                                                                    
・地区国際奉仕研究会開催の案内
日時                  8月3日(日)                                                                                       
場所                  グランド東雲                                                                                                                                    

 

茨城大学ローターアクトクラブ 所信表明

会長 後藤 優季

 本年度、茨城大学ローターアクトクラブは設立から三年目を迎えます。これも全て、山口会長を始めとする先輩方とこれまでの活動を支えてくださった水戸東RCの皆様、顧問の先生方の賜物でございます。

設立当時から茨城大学RACは毎月二回、一度も休みなく例会を行ってまいりました。やはり茨城大学に拠点を構えるからには、茨城大学と地域の力を活かして我々にしか出来ないようなアクトの活動をしていきたいと考えております。

今年の茨城大学RACのクラブターゲットは「Think Global!!!!」と致しました。これは広い視野を持って、茨城大学とこの水戸を中心に活動を広げていこうという思いからこのクラブターゲットに決定致しました。

自分自身にとって、茨城大学RACはこれまで沢山の物や事を与えられてやっと歩き始めたばかりのクラブだと考えております。

しかし今年は、受け継いできた物を更に前に進めるべく茨城大学RACが周囲に良い刺激を与え続けられるような、学び多いクラブになるよう一年間努めてまいりますのでどうぞご指導よろしくお願いいたします。

茨城大学ローターアクトクラブ 所信表明

幹事 池田 宗一郎

今年度、幹事に就任した池田宗一郎です。

私は、茨城大学ローターアクトクラブに加入して二年目になりました。
昨年の一年間を通して私は多くのことを、ロータリアンの皆様、顧問の先生方、そして先輩方から学びました。

このことは、私にとって大きな財産になっております。この経験を100%活かし、例会が円滑に進むように準備を怠らず、茨城大学ローターアクトクラブの皆を動かしていきます。

また、たくさんの方々に例会に出席して頂けるような例会にしていくために、一回一回の例会に全力を尽くし、一回の例会が終わったらその次の例会はより良いものになるように考え行動していきます。また、奉仕活動、地域貢献、この茨城大学だからこそ考えられる活動があります。

今年度の茨城大学ローターアクトクラブのクラブターゲットにもなった「Think Global!!!!」を念頭に置きながら、視野を広く物事の考え方も柔軟に活動していきたいと考えております。

そして例会以外の行事にも積極的に出席し茨城大学ローターアクトクラブの活動を多くの方々に知って頂くためにどんどんアピールしていきます。まだ、ローターアクトクラブに加入して2年目で、右も左もわからない駆け出しの幹事ですが、茨城大学ローターアクトクラブのより良い発展を目指して、誠心誠意、幹事の仕事を全うしていきます。

水戸東ロータリークラブの皆様、ご指導よろしくお願い致します。

 

クラブ協議会 事業計画(案)発表(1)

2014-2015年度
水戸東ロータリークラブ 事業計画(案)

◇ 会員組織
担当  上甲 宏
昨年度に引き続き、本年度も会員増強、退会防止が重要な課題となっています。増強のために、職業分類、会員増強、会員選考、ロータリー情報の4委員会だけでなく、会員が一丸となって新会員の勧誘に努めるよう、働きかけて行きます。目標:60~63名

○ 職業分類委員会
委員長  五十嵐 久也
副委員長 槐 登志夫
委員   鈴木 重興  茂手木 雄一 
ロータリーの基本原則は職業分類により入会したメンバーの会員個々の職業奉仕である。クラブが地域コミュニティーをより多様に反映できるようにするためのものである。

  1. 1.会員増強、会員選考、ロータリー情報と連絡を密にする。
  2. 2.新会員の推薦があった場合、職業分類を参考に的確であるかどうかを審査する。
  3. 3.職業の多様化に伴い、地域にあった分類かどうかを検討する。

○ 会員増強委員会
委員長  中島 昭義
副委員長 金澤 重雄
委員   佐藤 駿吾  森嶋 宏  國澤 秀次  鴨川 武志
次年度クラブ創立30周年の節目を向かえるにあたり今年度は組織拡大にむけ会員数63名(2014/6/30現在56名)年間純増7名のロータリアンとして適格な新会員の増強に取り組んでいきたい。  

○ 会員選考委員会
委員長  根本 昇
副委員長 皆川 憲弘
委員   打越 芳男  永井 靖彦
会員増強委員会より入会候補者の選考について付託があった時点で、速やかに選考委員会を開いて候補者が当クラブの会員として、またロータリアンとして適格かどうかを調査検討し選考を行います。会員増強委員会、職業分類委員会、ロータリー情報委員会と連絡を取り合って本年度の目標達成を念頭に入れて活動致します。

○ ロータリー情報委員会
委員長  小林 正和
副委員長 石井 信明
委員   荒谷 公明  藤江 栄一
ロータリー情報委員会においては、会員候補者に情報を提供し多くの入会者を迎え、退会者を無くすようにより良い情報を提供して行きたいと思います。今年度のクラブ方針として7名の会員増を目指し63名を目標としておりますので皆様のご協力を宜しくお願い致します。

◇ 管理運営
担当   綿引 洋一
クラブ奉仕委員会の5委員会(出席・親睦活動・会場・プログラム・にこにこBOX)を担当します。各委員会と連携を密にとりメンバーの為のクラブ管理運営に努めていきたいと思います。

○ 出席委員会
委員長  高橋 稔
副委員長 木内 洋一
委員   美野輪 博一  原  毅  青木 健一
昨年度、当クラブの出席率は、年間通算出席率(ガバナー月信7月号より2014年度5月分)92.99%で水戸西クラブの91.47%を僅かに抜き、水戸市内6クラブ中、第1位であります。2820地区58クラブ年間の、通算出席率は83.83%であります。この出席率からみますと、十分高いランクにおります。しかし、友部、水海道は95%以上、特に第1分区の(県北方面)日立クラブの出席率は年間通算で100%、しかもこの第1分区では7クラブ中5クラブは94%~100%でありまして7クラブ合計でも93.32%の出席率であります。クラブの出席率は、クラブの活力、つまり“力”を示すものです。今の出席率に満足する事なく、今年度も宜しくお願いします。

  1. 1.まず、出席をして、仲間との語らいを楽しもう。
  2. 2.欠席したらメイクする習慣をつけましよう。
  3. 3.今年度も、100%出席達成会員には、記念品を差し上げるべく、多めの予算を頂きました。挑戦してください。

○ 親睦活動委員会
委員長  飯島 広文
副委員長 小室 幸夫
委員   小林 正和  石原 英二  佐川 真治  佐藤 通彦  大津 正夫  小圷 正広
活動方針
輪の重要性を重んじ、会員相互及び家族間の輪が広がり、楽しく、参加しやすい親睦活動が運営出来る様、委員会全員で努致しますので皆様のご協力をお願い致します

  1. 1.例会時のゲスト・ビジターの受付は親睦活動委員全員で必ず襷を掛け、受付2名、ご案内1名の計3名がメインで行い、雑談は控え笑顔でお迎えするとともに、受付後はゲスト席・ビジター席までご案内し、また来て頂けるような歓迎の気持ちと心配りをして行きたいと思います。
  2. 2.第1例会では会員及び会員令夫人の誕生祝を行います。
  3. 3.受付及びビジター紹介、誕生日紹介等は委員の輪番で行い、その役割分担を明確にします。
  4. 4.事業計画につきましては、その都度会長、幹事、関係委員会と協議しながら計画して行きます。

事業計画
07月23日(水)第112回親睦ゴルフ大会(石井信明会長杯取切戦) 於:静ヒルズカントリークラブ
09月25日(木)水戸東RC・水戸好文RC合同月見例会        於:会場未定
10月12日(日)地区野球大会 (協力)             於:水戸市民球場
10月26日(日)「ロータリー・デー」第3分区親睦ゴルフ大会      於:静ヒルズカントリークラブ
11月 未定   第113回親睦ゴルフ大会                於:会場未定
11月20日(木)ガバナー公式訪問 (懇親会設営)            於:三の丸ホテル
12月25日(木)忘年家族例会                     於:三の丸ホテル
1月08日(木)新年例会                       於:三の丸ホテル
01月25日(日)「ロータリー・デー」心の交流会(協力)           於:未定
02月21日(土)IM                           於:三の丸ホテル
03月 未定   第114回親睦ゴルフ大会             於:会場未定
05月09日(土)第8回水戸市中学生ソフトテニス大会(協力)   於:未定
05月 未定   第115回親睦ゴルフ大会              於:会場未定
06月25日(木)最終例会                     於:山口楼

○ 会場委員会
委員長  金田 英樹
副委員長 磯野 敦義
委員   奥貫 守   中村 光宏  竹田 晋哉  鴨川 武志  川又 康司
活動方針
小林隆夫会場監督の指示のもと、ロータリークラブの例会としての品格と会員相互の親睦を図り、楽しい例会となるような運営を致します。
活動計画

  1. 1.ロータリーの月間テーマ旗を掲示する。
  2. 2.会長、幹事、プログラム・親睦活動・出席の各委員会と連携を密にして、品格のある例会の進行を行う。
  3. 3.ゲストやビジターを紹介する場合、事前に情報を得、敬称等に注意する。
  4. 4.出来るだけ、例会1時間前に集合し、会場準備を行う。会場準備と片付けは全員で行うようにする。
  5. 5.例会の司会は1か月単位の交代で行い、次月の司会担当者が副司会を勤め、司会の補佐をする。
  6. 6.公式行事または特別な例会に於いては、委員長もしくは委員長任命者が司会を行う。
  7. 7.受付責任者は、委員長もしくは副委員長が担うものとする。
  8. 8.第1例会では、会員及び会員令夫人の誕生祝を行う(担当は親睦活動委員会)
  9. 9.例会場(三の丸ホテル)予約担当者と毎週月曜日に事前連絡をし、出席見込み数の確認をする。
  10. 10.出席委員会との連携により、会費の無駄をなくすよう努力する、
  11. 11.年12回「クラブ奉仕ランチ」1,700円/人を実施する。
  12. 12.月1回、テーブル席をくじ引きで決定し、全ての会員との交流の出来る例会を作る。
  13. 13.I.Mにあたり、会長、幹事、実行委員会及び各委員会と連携を密にし、会場の準備、運営、進行を行う。
  14. 14.会場委員は、会場委員専用の名札を下げて、常に例会進行に気配りをする。

○ プログラム委員会
委員長  佐川 真治
副委員長 明城 博之
委員   金澤 重雄
事業計画
ロータリー活動と会員相互の理解を深める為、理事・役員と意見を交し合い、必ず出席したくなる様な魅力ある例会プログラムを立案し、会場・親睦活動・奉仕プロジェクト各委員会と連携し、楽しい例会運営に貢献したいと考えます。

  1. 1.各強調月間には関連委員会より卓話者の選定・要請をお願いします。
  2. 2.外部卓話者として地区委員に来訪して頂き、卓話を頂戴したいと考えます。
  3. 3.第2・第4・第5例会では、会長の時間後にパスト会長にお話を頂戴します。
  4. 4.新入会員のイニシェーション・スピーチは早い機会に行えるよう努めます。
  5. 5.年間2回の「ロータリー・デー」を設け、参加者が楽しめる行事を開催します。

主な行事予定
2014/09/25(木)    水戸東RC・水戸好文RC合同月見例会
0000/10/26(日)    「ロータリー・デー」第3分区ゴルフ大会
0000/11/17(月)  水戸市内6RC合同例
2015/01/25(日)  「ロータリー・デー」心の交流会
00 00/02/21(土)  第3分区IM
4/18(土)19(日) 地区大会
5/9(土)  ソフトテニス大会
定款第6条第一節による休会
2014/08/14(木)   8月第2例会
11/24(木)    11月第4例会
2015/02/26(木)   2月第4例会
4/30(木)   4月第5例会
その他の休会
2015/01/01(木)   1月第1例会(3ヶ日・祝日休会)
パスト会長スピーチ予定
2014/07/10 高橋 稔 (第06期)      07/24 鈴木 重興 (第07期)
07/31 上林 祥一 (第08期)      08/28 打越 芳男 (第09期)
09/11 荒谷 公明 (第10期) 0     9/25 田崎 之光 (第12期)
10/09 永井 靖彦 (第13期)      10/23 鬼澤 紘一 (第15期)
10/30 木村 利  (第16期)      12/11 笹沼 隆史 (第17期)
12/18 美野輪 博一(第18期) 2015/01/15 佐藤 駿吾 (第19期)
01/22 茂手木 雄一(第20期)      02/12 皆川 憲弘 (第21期)
03/12 根本 昇  (第22期)       03/26 森嶋 宏  (第23期)
04/09 杉下 弘之 (第24期)       04/23 小林 隆夫 (第25期)
05/14 藤江 栄一 (第27期)  0     5/28 小林 正和 (第28期)
06/11 石井 信明 (第29期)

○ にこにこBOX委員会
委員長  河原 聖直
副委員長 笹沼 隆史
委員   上林 祥一  田崎 之光  山口 晃  諸岡 信裕  佐藤 通彦  小圷 正広
にこにこBOX資金はクラブ奉仕活動の大切な資金源であることを認識して頂きたいと思います。
活動計画

  1. 1.年間目標金額 185万円
  2. 2.年間個人目標金額3万円として会員の皆様にご協力をお願いする。
  3. 3.年1回のオークションを実施する。忘年例会又は新年例会に行いたいと思います。

◇ 公共イメージ
担当   石井 信明
広報・雑誌委員会、IT・資料保存委員会、会報委員会の3委員会を担当します。一般の人々にロータリーの情報を提供し、クラブ奉仕計画と奉仕活動を広報する計画を「実施するものの集まりである」という事を、3委員会より発信し、広報と雑誌で紹介し、ITとHPでクラブの毎週の例会を発表して、会報で具体的に活字にして週報として発刊いたします。

○ 広報・雑誌委員会
委員長  木村 利
副委員長 荒谷 公明
委員   加藤 高藏  株木 貴史  永井 功一
活動方針

  1. 1.広報について

ロータリー活動を一般の方、特に地域の方々に知って頂く為に、広く報道機関に呼びかける。特に、我クラブの奉 仕の特徴である「青少年健全育成の為のプログラム」を強調し、新聞・ラジオ・テレビ等で取り上げて頂くよう努力する。

  1. 2.雑誌について

読むことで世界のロータリアンと繋がることが出来るということを知って頂くよう活動したい。

○ IT・資料保存委員会
委員長  菊池 敏
副委員長 加治木 博文
委員   上林 祥一  森嶋 宏
事業方針
RI本部、地区、その他からの新しい情報等を随時提供し、クラブ活動の広報を行う。また、資料保存として資料の電子化を推進し、ペーパーレスで資料を保存します
事業計画

  1. 1.随時ホームページを更新し、会員が必要とする情報の提供をする。
  2. 2.公共イメージの各種委員会と連携し、イメージアップに努める。
  3. 3.会報委員会と協議し週報の扱いを検討する。
  4. 4.各委員会の事業内容を随時ホームページに掲載する。

○ 会報委員会
委員長  明城 博之
副委員長 杉下 弘之
委員   磯野 敦義  佐川 真治

活動方針
歴史と伝統ある「週報」の編集・発刊については細心の注意を払い週報を通じて会員相互の理解を深めていきたい。
活動計画

  1. 1.クラブ例会プログラムに従い「記録としての週報」「読みやすい週報を目指します
  2. 2.提出文章の誤字・脱字を委員会メンバー全員で確認し校正にあたります 
  3. 3.IT委員会と情報共有化し週報データとホームページが速やかにリンク出来るようにします

※ 会員各位にお願い
今年度より出力業者が変わるに伴い編集までのリードタイム短縮が求められております。会員の皆様にはご負担をお掛けしますが卓話原稿、委員会報告等資料はなるべく電子データ化し例会当日までに会報委員までにお預け下さい。また紙資料の場合は会報委員会にてデータ化させて頂きますので例会開始前にお預け頂きますようお願い申し上げます。

 

 

ページトップへ

bottom