2014 - 2015年度 会長挨拶

クラブ会長の方針と計画

第30期会長 宮内 博夫

会長 小林正和我が水戸東ロータリークラブは1985年10月23日の創立以来29年目になります。第30期の会長として先輩達が培ってきた輝かしい業績と、良き伝統を引き継ぎ充実した、品位あるクラブ運営を目指し、次年度クラブ創立30周年に向け一層努力して次年度につなぎたいと決意しております。

2014-2015年度 RI会長の運営目標
R.Iテーマ「ロータリーに輝きを」

1.会員増強 2015年度末 130万人
2.奉仕 重点分野に関する地元、或は海外のプロジェクトへ参加
3.Rotary Familyの拡大
4.Rotary Dayの有効活用
5.ポリオ撲滅 2018年終結
6.RI戦略計画と中核なる価値観
7.ロータリー財団への支援

2014-2015年度 2820地区目標 地区テーマ
「深めよう奉仕を通じて地域社会への貢献を」

1.会員増強 2014年度末人基準で3%の増強             
(クラブ純増1名)
2.奉仕 全クラブの地区補助金の活用
グローバル・グラントの種蒔
3.ロータリーファミリーとの絆を強める
4.ロータリーデー
クラブ、分区、地区単位での実施
5.ポリオ撲滅 完全制覇に向けての支援
6.RI戦略計画へ向けての支援
7.ロータリー財団への支援
$150(内訳 財団$130 ポリオ・プラス $20
ベネファクター $1,000 各クラブ1名以上
米山記念奨学金 25,000円/人以上

第2820地区藤井彰一ガバナーは7項目の推進事項を示され、これらを踏まえ、今年度の目標とします。                                                                                                                                                                            
水戸東ロータリークラブテーマ
「奉仕を通じて汗(参加 行動)を」

1.会員増強 上期62名 下期63名
1.奉仕
人に奉仕する事ができる人は
奉仕される人よりも福がある
1.会長賞にチャレンジ
1.ロータリーデーの実施   
1.ロータリー財団への支援
$150(内訳 財団$130 ポリオ・プラス $20)
ベネファクター $1,000 1名以上
米山記念奨学金 25,000円/人以上
1.I.Mへのホストクラブとして全員参加
2015年2月21日(土)

水戸東ロータリークラブの一層の輝きを目指して、この1年クラブ運営と奉仕活動を率先して行い、桑名幹事とともに情熱を持って頑張りますので、会員一人ひとりのご協力とご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。



 

ページトップへ

bottom