9月第2例会 ガバナー公式訪問

会長の時間 

会長  石井 信明

会長 石井 信明皆さんこんにちは。
本日はRI第2820地区ガバナー 長谷川 國雄 様、第3分区ガバナー補佐 池田 勇夫 様、地区幹事 水口 二良 様、地区副幹事 橋本 哲 様、ガバナー補佐セクレタリー 荒川 誠司 様をお迎えしましてのロータリークラブで最重要行事でありますガバナー公式訪問でございます。
ご来訪いただきました長谷川ガバナーご一行様には水戸東ロータリークラブを代表し感謝申し上げます。

10時30分からつい先ほどまで行われましたガバナーとの協議では、和やかな雰囲気の中で、会員増強や未来の夢計画等について、ガバナーより貴重なご意見を頂戴し、また、クラブ運営等にご指導を賜り、有意義な時間をすごしました。

すばらしいお時間を頂戴しましたことに感謝申し上げるとともに、今後のクラブ運営に役立てていきたいと思います。
後ほど、長谷川ガバナーより記念講演を頂戴した後、記念撮影、クラブ協議会、懇親会と多くの予定がございます。

本日が水戸東ロータリークラブにとって有意義な一日になることは間違いございません。
長谷川ガバナーのご活躍とご健康を祈念いたしまして、歓迎の挨拶とさせていただきます。
本日はご指導のほど、よろしくお願いいたします。

 

長谷川ガバナー公式訪問記念講演スライド・スナップ
平成25年9月12日(木) 於:三の丸ホテル

会長 石井 信明国際ロータリー2013-14年度テーマ
ENGAGE ROTARY CHANGE LIVES
ロータリーを実践し みんなに豊かな人生を

ロン・バートン会長のメッセージ
ロータリーの土台= 中核的価値観:不変

RIの最新の優先項目と推進活動
◎ポリオプラス
◎未来の夢計画
◎会員増強
・中核的価値観
・公共イメージ
・ロータリーのブランドの強化
・リーダーシップ
・ロータリーファミリー
・ロータリー平和フェロー
①-1 ロータリーの最優先目標は、全世界からポリオを撲滅すること
・1985年以来、撲滅運動を展開
・現在のポリオ感染数は99%減少
・撲滅が実現すれば、ポリオは天然痘に続き、世界から根絶された2番目の病となる
・ロータリアンは、122カ国の20億人以上の子供達に予防接種を提供するため、10億ドル以  上の資金と多くのボランティア労力を費やしてきた
①-2 ポリオの最新情報
- 世界保健機関・事務局長補佐ブルース・アイルワールド-
・ロータリーの撲滅活動への取り組み:
①初期段階、②困難な段階が完了。→不可能に近い段階
・“インドではポリオ撲滅は不可能”→可能となった。(2011年1月13日最後)
・W H O 、ユニセフ、米国疾病対策センター奉仕

(CDC):緊急オペレーションセンター→5千人のポリオ予防接種従事者を派遣
(アフガニスタン、パキスタン、ナイジェリア)
・2012年9月、国連事務総長が3ヶ国の大統領・パートナー団体へ呼びかけ
・ポリオという病を永遠になくす、歴史上最も大きな機会に直面(ロータリアン)
・2013年1月:パキスタンのテロ襲撃地で予防接種活動が成功(警察協力)
・アフガニスタン:対立する両派の交渉により、「到達不可能」な子供達へ予防接種
・2014年までの撲滅が可能。資金援助をお願いしたい。
・ポリオ撲滅は:“すべての子供達に豊かな人生を与えるばかりでなく、歴史の方向を永遠に変えることになるでしょう。”
② 未来の夢計画
・ロータリー歴史の新たな章の始まり
・歴史あるロータリーのすばらしいところを更に研磨
・地域社会のニーズへの呼応
*大きく持続可能な国際プロジェクト
*地元プロジェクトへの柔軟な対応
・資金の投入後も活動の成果を持続させるプロジェクト
・地域社会の人々の力を高める持続可能なプロジェクト
③ 会員増強
・総会員数: 過去15年間で120万人で横ばい・年間12万人が入会し、退会
・2015年までに130万人目標
・時代の変化に適合していくことが大切
・まず、一人ひとりが新会員候補者へ呼びかけ、お願いすることが第一歩。(私(ロン・バートン氏)がみなさんへ財団寄付をお願いしたように)。

2820地区目標 (2013-2014)
地区テーマ 「新しい奉仕活動への挑戦」
1.ロータリー財団の幕開け(未来の夢計画実施年度のスタート)と中・長期計画の立案
2.会員増強と退会防止 (各クラブ純増1名以上)
3.ポリオ撲滅(残るは、アフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンの3ヶ国)
4.会長賞にチャレンジ
(会員増強の推進・ロータリー財団を通じた人道的奉仕の充実・ロータリーファミリーを
通じたネットワークの強化)
5.公共イメージと認知度の向上
6.ロータリー財団の寄付 150ドル
*内訳 ロータリー財団 130ドル
ポリオ・プラス 20ドル
ベネファクター 1,000ドル
各クラブ1名以上
米山記念奨学金
寄付目標 1人25,000円以上

ロン・DバートンRI会長の強調事項
会長賞
1.会員増強の推進
必須項目:
入会希望者を増やし、会員を維持することにより、7月1日から3月1日までの間に、会員を
少なくとも1名純増させる。
2.ロータリー財団を通じた人道的奉仕の充実
必須項目:
地元または海外で、少なくとも1つのロータリー重点分野に関連する奉仕プロジェクトに参加
する。
・平和と紛争予防/紛争解決
・疾病予防と治療
・水と衛生
・母子の健康
・基本的教育と識字率向上
・経済と地域社会の発展
3.ロータリー・ファミリーを通じたネットワークの強化
必須項目:
以下のいずれか、または両方を達成する。
・全てのクラブ会員とその家族が参加する親睦
活動または奉仕活動を少なくとも1回行う。
・地元地域の奉仕プロジェクトにおいて、ロータリー以外の団体と協力する。
公共イメージと認知度の向上の目標
1.イメージとブランド認知を調和させる
2.行動を主体とした奉仕を推進する
3.中核となる価値観を推進する
4.職業奉仕を強調する
5.クラブにおけるネットワークづくりの機会、
並びにクラブ独自の主な活動について周知を図るようクラブに奨励する
本日ご参加の皆様へ
・ロータリアンという貴重な体験を通して、クラブの活性化と強化に励んで下さい。
・皆さまの情熱を、クラブ運営に注いでいただき、熱き想いを伝えて下さい。
・すばらしいロータリー年度は、皆さまの双肩にかかっております。

 

 

ガバナー記念写真
ガバナーとの協議
ガバナーよりご指導
緊張の点鍾
クラブ協議会
ガバナー例会入場
ガバナー補佐 感想
懇親会 会長挨拶
懇親会 ガバナー挨拶
懇親会 ガバナー補佐挨拶
小林直前会長の乾杯
手に手つないで
 
記念写真
 

 

幹事報告 

幹事  槐 登志夫

・ガバナーとの協議会
○未来の夢計画…高いヴィジョンを持って財団の資金を利用しましょう。
○世界のロータリーの例会開催時間 朝8%、昼31%、夕57%となっています。
○クラブ会員数 世界第1位 シアトルRC567人、第2位 東京RC332人です。
○米山奨学生 2820地区26人 中国12人 韓国2人 モンゴル2人 その他ドイツ フランス他1人づつです。
○米山・財団・にこにこBОX100%達成は素晴らしいとお褒め頂きました。
○パソコンでのEクラブが承認され活発的に利用されています。メイクアップも可能です。
和歌山県ではEクラブよりガバナーが輩出されています。
・ロータリークラブ例会開催時間・開催場所変更および休会のお知らせ
○水戸ロータリークラブ 10月1日(火)
開催場所 水戸三の丸ホテル
○ 10月15日(火)
定款第6条第1節により休会
○水戸西ロータリークラブ 10月16日(水)
開催場所 妙得寺(職場訪問)
○ 10月30日(水)
定款第6条第1節により休会
○水戸南ロータリークラブ 10月25日(金)
開催場所 ホテル・ザ・ウエストヒルズ水戸
○友部ロータリークラブ 9月17日(火)
開催時間18:30 開催場所 亀屋(月見の会)

 

 

 

ページトップへ

bottom