2011-2012年度 会長挨拶

クラブ会長の方針と計画

会長 藤江栄一2011~12年度、水戸東ロータリークラブ会長として、会員の皆様と共にロータリー活動を実践してゆくことになりました。奥貫幹事ともども一年間ご支援ご協力を宜しくお願いします。

前河嶋・菊池年度は、25周年記念式典を成功裏に挙行することが出来ました。又、3月11日には東日本大震災が発生し、その甚大な被害を目の当たりにして、私たちは、他人のために役立とうという奉仕の理想に改めて目覚める事となりました。

本年度は、当クラブの輝かしい歴史と伝統を踏まえつつ、新たな四半世紀に向けて、「ロータリークラブは奉仕する団体ではなく、奉仕する人々の集まりである」という理念のもと、ロータリーの奉仕を実践してゆきたいと思います。

さて、カルヤン・バネルジーRI会長は、「こころの中を見つめよう 博愛を広げるために」を2011~12年度RIテーマに掲げ、全世界で平和について語る前に、まず自分から始め、その後で外に目を向ける必要があると述べています。
さらに、強調事項として第一に強い「家族」を築くこと。第二に私たちが一番得意とすることを「継続」していくこと。最後に、変える必要があることは変えるということ、の三つを上げています。その中で一貫して流れている考え方は、自分自身の問題として捉えていることです。

又、第2820地区 大木勲ガバナーは、地区目標の第一として、21世紀最大のテーマである「環境」を取り上げました。RI会長の強調事項「変化」は「変革の時代」として第二の目標に入っています。「家族」は「各自クラブのサポートと強化」として重要課題としています。

カルヤン・バネルジーRI会長のメッセージ及び国際ロータリー第2820地区大木勲ガバナー方針に鑑み、本年度会長として、下記の9つのクラブ目標を立てました。

9つのクラブ目標

  1. 会員相互の親睦を深める
  2. 中長期計画の策定と継続的見直し
  3. 会員増強 純増1名
  4. 環境問題を考えて行動する
  5. 広報活動によりロータリー活動が地域社会に認知されるよう努力する
  6. 家族の理解を深めるために家族例会の実施
  7. ロータリー財団への寄付
    • 年次プログラム基金    一人 110ドル
    • ポリオ募金        一人 50ドル
    • ベネファクターを含め、恒久基金1000ドル以上 1名
  8. 米山記念奨学金への寄付   一人 25,000円
  9. 東日本大震災の復興を支援する

みんなが参加できる魅力あるクラブ創りに努力し、楽しく充実したロータリー活動の年にしたいと思います。皆様のご協力をお願いします。

ページトップへ

bottom